富山まなびあい大学 HPをリニューアルしました

4月 23rd, 2016Posted by yoko

富山まなびあい大学【臨床美術の会】は【とやま臨床美術の会】に名称変更をしました。

HPもリニューアルしましたので、今後は【とやま臨床美術の会】のHPをご覧ください。

とやま臨床美術の会のHPはこちらから

 

rogo002

 

 

 

2016年度 臨床美術【アートサポーター養成講座】のご案内

4月 17th, 2016Posted by yoko

富山福祉短期大学では、臨床美術に興味のある方で、臨床美術士が実施する講座のサポートを希望される方を対象に、アートサポーター養成講座を実施します。

「アートに興味があり、それを活かしてボランティアしたい」
「臨床美術についての理解を深めて臨床美術の実践の場をサポートしたい」
「地域で世話係になることが多いので、臨床美術の講座のお世話役をしたい」
「人々に生きがいをもたらす臨床美術に賛同し、臨床美術を広めたい」
「今後、職場に臨床美術を効果的に取り入れていくために、臨床美術の理解が必要になる」
などという方にお勧めの資格です。

平成28年度は、2回実施いたします。

アートサポーターは初級から上級コースまであります。初めての方は、必ず初級コースからの受講になります。

初級のみ、中級まで、または上級コースまでと、ご都合に合わせて受講いただけます。また、次の機会に続きの級から受講できます。

受講者は、各級コースごとに1つのプログラムを実際に楽しみます。そして、各コースの学びを進めることで、臨床美術で大切にしている考え方の理解が深まり、臨床美術士が行うセッションにボランティアとして積極的に関わり、サポートする力が身に付きます。この講座を学ぶことで、臨床美術のセッションをお手伝いする人から、臨床美術のセッションをサポートし、臨床美術士と共につくる人になってください。

【開催日】

第1回 平成28年6月26日(日)

第2回 平成28年12月25日(日)

【会場】 富山福祉短期大学 4号館2F造形室
【講師】:北澤 晃

★初級コース 【時間】10:30-12:00

◆臨床美術のプログラム体験を通して、表現することの楽しさを体感する。

美術を通しての参加者とのコミュニケーションの心得を学ぶ。

【講座プログラム】

①ガイダンス:自己紹介

②臨床美術とは

③制作体験「線と色のクロッキー」

④鑑賞会

⑤臨床美術で心がけること

★中級コース 【時間】13:00-14:30

◆プログラム体験をさらにもう一歩深め対象物を見て描く制作体験する。

さらに臨床美術にいけるマインドとベースになる考え方について学ぶ。

【講座プログラム】

①制作体験「落花生を描く」

②鑑賞会

③臨床美術におけるマインド

④アートプログラムアドバイス:前編

★上級コース 【時間】15:00-16:30

◆初級・中級の学びをふまえ、観賞会のロールプレイング実践を通して

実際に伝える側を体験する。

アートプログラムを伝えるうえでのポイントについても学ぶ。

【講座プログラム】

①制作外見「フロッタージュのはがき仕立て」

②鑑賞会の目的と展示について

③鑑賞会のロールプレイング

④アートプログラムアドバイス:後編

【申込期限】 第1回:6月13日(月) 第2回:12月16日(金)
【受講料】全24,000円 《各級8,000円》

     ※認定料含む。初級のみ、中級まで、または上級コースまでと、ご都合に合わせて受講いただけます。

■申込み方法

①申込期限(第1回は6/13、第2回は12/16)までに、 お電話・FAXもしくはHPからお申込下さい。

富山福祉短期大学 共創福祉センター 事務局

牧田・喜多

TEL: 0766-55-5567/FAX: 0766-55-5570

HPからはこちらから

 

その他詳細については、こちらのチラシをご覧ください。→H28アートサポーター養成講座チラシ.pdf

H28アートサポーター表面2

H28アートサポーター裏面
■お問合わせ先

富山福祉短期大学

共創福祉センター事務局 牧田・喜多

TEL 0766-55-5567

平成28年度【臨床美術士5級・4級資格取得講座(通学講座)】のご案内

4月 9th, 2016Posted by yoko

富山福祉短期大学 地域つくりかえ講座【平成28年度 臨床美術士5級・4級資格取得講座(通学講座)】を開講します。

現在富山県では、高岡市・射水市の地域包括センター15施設において臨床美術が取り入れられ、高齢者を対象として年間125件以上の講座が行われています。富山福祉短期大学では、各講座へ臨床美術士の派遣も行っています。臨床美術士の資格を取得することで、地域に広がり始めた「臨床美術」に参加し、社会貢献することができます。

今年度も、臨床美術士5級・4級資格取得講座の受講者を募集します。

■開講日
◇5級講座:7月2日(土)から開始
◇4級講座:10月29日(土)から開始

■場所
富山福祉短期大学 4号館 造形室

■申込締切
5級申込み締切:平成27年6月17日(金)
4級申込み締切:平成27年10月14日(金)

★「詳細は、こちらをご覧ください」→富山福祉短期大学 共創福祉センター
スライド 1

■お問合わせ先
富山福祉短期大学
共創福祉センター事務局 牧田・喜多
TEL 0766-55-5567

 

富山新聞に富山福祉短期大学における臨床美術の取り組みが紹介されました

3月 31st, 2016Posted by yoko

2016年3月31日 富山新聞

富山福祉短期大学では「臨床美術士」の育成を進めるとともに、3年前に高岡市と連携し、地域包括支援センター10ヶ所で、それぞれ年10回、高齢者向けの臨床美術講座を実施しました。
今年度は射水、高岡、氷見の3市、社会福祉法人など3団体と連携協定を結び、北澤学長が自ら先頭に立って地域貢献に取り組む様子が紹介されました。

2016-3-31「富山新聞」

2016年度【第1回 臨床美術士プログラム研修会】のご案内

3月 30th, 2016Posted by yoko

富山福祉短期大学では、臨床美術士の方を対象にプログラム研修会を実施しています。
参加者は、3つ以上のプログラムについて学べる他、その一つについては、実際に制作を行うことができます。
3単位が獲得でき、研修内容の全てのプログラムライセンスが給付されます。
臨床美術士の方は是非、ご参加ください。

2016.04チラシ(表面)_

2016.04チラシ(裏面)
詳細はこちらから → 富山福祉短期大学HP

平成28年度 富山まなびあい大学【臨床美術の会】総会及び交流会のご案内

3月 30th, 2016Posted by yoko

日時:2016年4月23日(土)13:30~15:30
会場:富山福祉短期大学4号館 造形室
対象:富山まなびあい大学【臨床美術の会】会員

2016年4月23日(土) 富山福祉短期大学4号館造形室にて、平成28年度 富山まなびあい大学【臨床美術の会】定期総会及び交流会を開催いたします。
【臨床美術の会】会員の皆様は是非ご参加ください。

(1)定期総会 13:30~14:30
①会則・運営規程などの変更、確認
②運営委員の選任について
③平成27年度活動の振り返り
④平成27年度会計報告
⑤平成28年度活動計画概要
⑥その他

(2)交流会 14:30~15:30
①自己紹介
②メディア紹介
③会員発表
④情報交換
⑤集合写真撮影

―お問い合わせ先―
〒939-0341
富山県射水市三ヶ579 富山福祉短期大学内
富山まなびあい大学【臨床美術の会】 岡野 宏宣

北陸中日新聞に臨床美術の取り組みが紹介されました

1月 24th, 2016Posted by yoko

2016年1月24日の北陸中日新聞に障害児と家族を対象にした臨床美術の取り組みが紹介されました。

今月8日、富山福祉短期大学で臨床美術士である北澤晃学長の協力を得て、障害児と家族らの「心のサポート」に取り組む射水市のボランティアグループ「萌乃架ネットいみず」が臨床美術の活動をしました。月に一度のペースで集まり、二十人ほどの個人や親子が参加しています。

五感を使って表現する「臨床美術」を取り入れる自治体や福祉施設も増えつつあり、富山県内での臨床美術の普及には同短大の果たした役割が大きく、射水市、高岡市の包括支援センターとも連携し、認知症の予防教室で臨床美術のプログラムが取り入れられています。
昨年4月には富山市の社会福祉法人アルペン会とも協定を結び、高齢者施設と保育所、学童保育を一つにした「あしたねの森」でも教室が開かれ、臨床美術の活用が広がっています。

2016.1.24

Facebookにて富山まなびあい大学【臨床美術の会】きときとアート塾を公開しております。  → こちらから

 

アルペン会 臨床美術講座を開催しました

12月 14th, 2015Posted by yoko

日時:2015年12月12日(土) 10:00~12:00
会場:社会福祉法人 アルペン会
プログラム:アナログフロッタージュ
対象者:アルペン会 保育士
参加人数:16名
メイン:富山福祉短期大学 学長 北澤 晃
サブ浦本 友里・寺田 陽子

2015年12月12日(土) 社会福祉法人 アルペン会にて、富山福祉短期大学 北澤学長による臨床美術講座が開催されました。

保育士を対象とした今回の講座では子供向けの臨床美術アートプログラム「アナログフロッタージュ」を制作しました。
ハレパネのシールをはがして、粘着面にたこ糸で直線や曲線を描き、その上からガーゼを貼りつけて、画面に現れたたこ糸の形をきっかけに線で囲まれて出来た形の中をオイルパステルで塗っていきます。
ガーゼに描く感触を楽しみながら、うっすらと色をのせる面や色を重ね指で擦って混色した面など、画面の表情や感触の違いも楽しみながら描いていき、面以外の所も塗り込んでいきます。アクセントに点や曲線やストライプなど加え、サインを入れて完成です。
ガーゼの優しい質感を大事に淡く描かれた作品や力強く色を塗り込んだ作品、夜空を感じるような幻想的な作品など、個性に溢れた作品が並びました。
鑑賞会では、それぞれの良いところが臨床美術士によって話されます。参加者の方々の表情も笑顔に満ちていました。
参加された方からは、臨床美術を通じてその子その子の良い所を引き出し、認めて褒める事の大切さを改めて感じたと感想をいただきました。

0P1030917 P1030921

P1030926 P1030923

P1030927 P1030928

富山福祉短期大学(共創福祉センター)HPは→  こちらから

Facebook にて富山まなびあい大学【臨床美術の会】きときとアート塾を公開しております。 →  こちらから

 

平成27年度 第4回プログラム学習会を行いました

11月 11th, 2015Posted by yoko

日時:2015年11月11日(水)19:00~21:00
会場:富山福祉短期大学 4号館 2F造形室
プログラム:クリスマスキャンドル
対象者:富山まなびあい大学【臨床美術の会】会員
ファシリテーター:寺田陽子 サブ:岡野宏宣
参加費:1,000円

2015年11月11日(水)富山福祉短期大学 4号館造形室にて、平成27年度 第4回プログラム学習会「クリスマスキャンドル」を行いました。

パイプオルガンで演奏されるコーラルを聴きながら、独特な音色の響きをグラスに表現しました。
音が重なり合うように色を重ねると、色が混じり合って様々な色がうまれ、また筆やスポンジで着色される色の変化、割りばしペンで削られてできる線の表情や、透けて見えてくる色のハーモニーを楽しみました。
キャンドルを灯すとまた違った印象が楽しめ、ゆらめく幻想的な光にしばし見とれました。

参加者:19名
たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました。

12208848_963644630376582_8463436689131924905_n 12243180_963644587043253_8764136329609585991_n

905718_964020070339038_646590074705903563_o 12240819_964019770339068_5224891693561360092_o 12248173_964020120339033_7816435146643305559_o

12242279_926727947416369_1591854656_n 12226538_926727954083035_1559725547_n 12231656_926727964083034_1993652156_n

Facebook にて富山まなびあい大学【臨床美術の会】きときとアート塾を公開しております。 →  こちらから

 

北陸中日新聞に臨床美術の取り組みが紹介されました

11月 3rd, 2015Posted by yoko

2015年10月16日の北陸中日新聞に障害児と家族、ひとり親家庭を対象にした臨床美術の取り組みが紹介されました。

認知症の予防、症状改善を目的に開発された臨床美術を通して、富山県内の福祉職員が支援する団体「萌乃架ネットいみず」が障害児とその家族が楽しめるよう、臨床美術士である富山福祉短期大学 北澤晃学長の協力を得て、毎月一回  同短大で活動しています。

北陸中日新聞2015.10.16

Facebookにて富山まなびあい大学【臨床美術の会】きときとアート塾を公開しております。  → こちらから