富山新聞に富山福祉短期大学における臨床美術の取り組みが紹介されました

2016年3月31日 富山新聞

富山福祉短期大学では「臨床美術士」の育成を進めるとともに、3年前に高岡市と連携し、地域包括支援センター10ヶ所で、それぞれ年10回、高齢者向けの臨床美術講座を実施しました。
今年度は射水、高岡、氷見の3市、社会福祉法人など3団体と連携協定を結び、北澤学長が自ら先頭に立って地域貢献に取り組む様子が紹介されました。

2016-3-31「富山新聞」

This entry was posted on 木曜日, 3月 31st, 2016 at 9:40 PM and is filed under 富山福祉短期大学. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.